さて、ワーケーションということなので、早速お仕事を開始。

前述したNPO法人ほほえみの郷トイトイさんによる、
空き家をセルフリノベーションしてできた

コワーキングスペースへ。

空き家を活かしたコワーキングスペースで仕事もスイスイ❕

山口大学リノベ部の方たちも加わって

手掛けたというコワーキングスペース。

掘りごたつ式のテーブルやカウンター席、

ソファー席などがそろう快適な空間の中で

ライティング作業やオンラインミーティングに

集中することができました。


地元の方が作られたパンやお惣菜で腹ごしらえ🎶

コワーキングスペースの奥には貸し調理室もあり、

そこで作られたパンが同じくトイトイさんの運営する

近くのミニスーパーに並んでいます。

…というわけで、昼食はミニスーパーでこちらのパンや

地元女性グループによってつくられたお惣菜を買って

コワーキングスペースに持ち込むという

パターンが、定番になりました。

いずれも手作りの温かみがじんわりと伝わる、

優しい味でした。

地域で大活躍の移動販売「トイトイ号」を追う

高齢化の進む地域の買い物支援のため、

トイトイさんでは移動販売も行っているとか。

どんな様子なのか、見せていただく機会を得ました。

自主的にお願いして、トイトイさんに

ご協力いただいて実現しました。

陳列されている商品はこんな感じ!豊富な品揃えです。

売れ筋の商品を出来るだけ手に取りやすい位置に並べたり、

ルートによって若干商品を変えたりと、陳列なども工夫されているそうです。

移動販売車の名前は「トイトイ号」❕ 

伝統行事で使われるわら馬のかわいいイラスト入りです。

🔗ワーケーション体験記 in summer 2021②伝統行事で使われるわら馬づくりに挑戦

販売先に近づいたら、音楽を流して地域の人たちに知らせます

(地区によって音楽も変えているそうです)


そして…

各家庭の敷地や縁側を利用しての買い物や決済。

データシステムを使って、各消費者の嗜好や様子を

販売スタッフ同士で共有もているそうです。




また、トイトイ号が到着したら知らせてくれる

端末を家庭内に設置している消費者もいるとのこと。

阿東町に一部社員が移住している

システム開発業者の手掛ける位置情報サービスを

活用しているそうです。


地域の暮らしをより便利に豊かにサポートする

活動や企業との連携、空き家の有効活用。

そして、コワーキングスペースや貸し調理室を

通して幅広い働き方を後押し…

トイトイさんの取り組みに

とても惹きつけられました。

《続き》

ワーケーション体験記 in summer 2021 ④近隣のスペースでも、快適にコワーキング



〔以前の記事〕
ワーケーション体験記 in summer 2021 ① 緑豊かな山口市阿東町に出発!
ワーケーション体験記 in summer 2021②伝統行事で使われるわら馬づくりに挑戦